Entries

11月8日(日)昨晩は久しぶりに【ラーメンみなとや】さんに行ってきました♪


ラーメンみなとやさん」


昨晩は【大黒正宗】の新しい お酒の利き酒会のあと、
元町駅を下車しフラフラ歩いて久しぶりに お得意先の
新開地の【ラーメンみなとや】さんに行ってきました♪


本当に久しぶりの訪問です♪


CIMG4797.jpg
「サントリー ザ・モルツ」


さんざん利き酒をしたのに
ビールを飲んじゃいます♪


明確に旨味を基調としたビールへ
と変化しています♪いいじゃない♪


CIMG4798.jpg
「あっさりラーメン


魚介&鶏ガラのダブルスープだと思います♪


見た目とメニュー名は あっさりラーメンですが
しっかりと味があって かつ やさしい味わいです♪


鶏と豚のダブルチャーシューかな?
変化に富んでいてGoodですよ♪


麺は もっちりとした極細麺♪


全体としてバランスが凄く良くなっています♪


素晴らしく美味しかったです♪♪♪


CIMG4799.jpg
「唐揚げラーメンセット」


それでもって この日は夜ご飯を食べていませんでしたので、
深夜にも関わらず、神戸マラソン1週間前にも関わらず、
炭水化物 on 炭水化物 and 唐揚げ and ビール♪いいね♪


明日への活力♪そうかもしれませんね♪


この お店の店主【黒瀬】さんには恩義があります。


言葉では表せないほど感謝をしています。


これからも この出会いを大切に
して生きていきたいと思います。


夜風に吹かれて ふらりふらりと元町
から兵庫まで歩いて帰ってきました。


小雨模様も何のその!ちゃんと神戸マラソンの
練習も兼ねて えっちら おっちら歩いて帰って
きたのだ♪何てね♪そんな週末の夜でした♪


すべての皆さんに感謝をいたします♪


心より


原酒店 原栄治


6月17日(火)【ラーメン まぜそば 縁(えにし)】さん初訪問です♪


「汁なし担々麺・濃厚」


なかなか面白い お店に遭遇しました♪


一昨日は【みちのくプロレス観戦後】
出来たばかりのラーメン店【ラーメン
まぜそば 縁】さんに行ってきました♪


この お店は以前、淡路島で「はなふく」という
行列の出来るラーメン店を営んでいた店主さんが
閉店し時を経て神戸市 灘区に移転されたとのこと。


ワタクシの周りでは話題騒然でした。


ということで早速たのんだのが、こちら
上記写真の「汁なし担々麺 濃厚」です♪


CIMG3398.jpg
「汁なし担々麺・濃厚」


見るからに興味を そそるビジュアルです♪


店主さんのブログを拝見するに自家製麺の平打ち
ちじれ麺に、肉味噌、カシューナッツ、山椒が
よく効いて舌を痺れさす刺激的な味わいです♪


素材が織り成す甘・辛・酸・痺れ味?が
渾然一体となって実に面白い味わいです♪


濃厚なゴマダレ?なのかな?塩分濃度も しっかりと
あって ご飯と一緒に食べる方がいいかもしれません。


とにかく刺激的な逸品です♪


滅多に お店に伺うことが出来ないと
思いますので もう1杯 頂きました♪


CIMG3399.jpg
「煮干し中華そば」


煮干の しっかりと効いた出汁に上質な醤油が
やさしく寄り添う一転して上品な味わいです♪


具材はチャーシューに粗みじん切りした玉ねぎが
甘味があり かつ辛くもあり良いアクセントです。
ネギも荒めに刻んで素材の良さを出しています。


自家製の平打ち麺も いい仕事をしています♪


独創性があって かなり いい感じです♪


店主さん美味しかったですよ♪♪♪


店主さんのブログも見せて頂いているので
その後の変化が実に楽しみな お店です♪


神戸に また将来が楽しみな お店が出来ました♪


教えて頂いた皆さん本当に ありがとうございます♪


素敵な ご縁に感謝をいたします


心より


原酒店 原栄治


CIMG3401.jpg
ラーメン まぜそば 縁(えにし)
場所はJR灘駅を南に進んで2〜3分の所を西に
入ったところにあります。阪神岩屋駅から北に
進み1〜2分の所を西に進んだ所にあります。


5月16日(木)先週は国道2号線ラーメン街道「とんこつラーメン しぇからしか」さんに行ってきました♪


「とんこつラーメン しぇからしかさん」


ちょうど1週間前の先週の木曜日、会合の後に
ラーメンを食べに行こう♪』と言っていまして
「大黒正宗 特約店」の【桐元酒店】さんと一緒に
住吉の【しぇからしか】さんに行ってきました♪


ちなみに「しぇからしか」とは九州の福岡県の
方言で「黙っておき!」という意味だそうです。


ということで九州 福岡の「とんこつラーメン」ですね♪


早速 頼むことに


CIMG2309.jpg
「とんこつラーメン


おぉ!これぞ「とんこつラーメン」って感じの
脂の しっかり浮いた濃厚スープかと思いきや!


意外とバランスが良くてマイルド♪


焼き海苔と大量の刻みネギが より味わいを
マイルドにさせてくれるのでしょうかね♪


意外や意外 あっさりと いけちゃいました♪


美味しかったです♪


食べ終わった後も【桐元酒店】さんと色々な お話に
花が咲き気が付けば遅い時間になってしまいました。


「桐元」さん本当にスイマセンでした。


ラーメン好きが高じて色々と お話も出来て
嬉しい出会いが広がることも しばしです。


これからも そんな ひと時を大切にしていきたい
と思った。先週の木曜日の深夜のことでした。


すべての皆さんに感謝をいたします。


心より


原酒店 原栄治


3月25日(月)昨日は【ラーメン三昧】な1日でした♪


dining 清乃さん」


実に刺激的な1日でした♪


昨日は お客さんの「インスキー」さんの企画で
歌山」にラーメン等を食べに行きました。


まずは昼前11時に「 dining 清乃」さんに着き
ました。この お店の店主さんは食出身とのこと。


注文しましたのは満場一致で このラーメンです♪


CIMG2136.jpg
「角長醤油「匠」」


醤油発祥の地 歌山県 湯浅醤油の「角長(かどちょう)
醤油」さんの最高級 生醤油『匠』を使ったラーメンです。


鶏系の獣肉スープと魚系のスープのブレンド、
魚系の味が優しく前に出る。そこに しっかりと
旨味溢れる上質の醤油の味が主張しています。


は細でストレート、しっかり しゃっきりで
スープの味を引き立て、あっさりと食べれます。


具はレアチャーシューにメンマ、白髪ネギ、煮玉子、
小松菜(かな?)、素材を いじくらないシンプルで
上質の醤油の味の効いたスープを脇で引き立てます。


地元 歌山県 湯浅の世界に誇る【湯浅醤油】の
良さを全面に出しながら、バランスの良い優しい
魚系と獣肉系の出汁が絡んで見事な仕上がりです。


このラーメンだけを食べに行く価値の
ある素晴らしく美味しいラーメンです。


CIMG2138.jpg
「シャーベット」


ラーメンを食べた後「シャーベット」を
皆さんにサービスで出して下さいます。


この心づかいは嬉しいですね♪


青リンゴようの爽やかな味でラーメンの
あと口もフレッシュにして下さいます♪


本当に美味しかったです!!!
店主さん ありがとうございます!!!


「和 dining 清乃」さんを出て
一行は次の お店に行くことに


そう!次の お店もラーメン店なんです!


次の お店はコチラ!


CIMG2140.jpg
dining 月乃家さん」


先ほど伺った「和 dining 清乃」さんがプロデュース
した お店が この「 dining 月乃家」さんだそうです。


店名が似ていますが、「月乃家」さんの
お店の外観は実にPOPで可愛らしいです♪


こちらに入っても注文するのは満場一致です!


CIMG2142.jpg
「特濃」


「特濃ラーメン」です♪


こちらの「特濃」のスープは今
まで食したことのない味わい♪


豚骨のスープの濃度が濃いのに、え?軽く淡く まるで
ポタージュスープのようにアッサリと いけるのです♪


は細と中太麺の間ぐらい しっかり しゃっきりと
したコシがあって濃厚で軽いスープと淡く絡みます。


特筆すべきは塩分濃度、これが不思議と塩味をギリギリ
主張しない本当に ふんわりとして優しい味なんです♪
「塩」を良いモノを使っているのかもしれませんね。


具材はレアチャーシュー、メンマ、煮玉子、
焼き海苔、ネギと奇をてらわないシンプルで
そつのない、それでいて上質なものです。


スープに辛味噌(豆板醤)を入れると全体的に
輪郭がハッキリしてきて2度 美味しいです♪


女性店主さんの本当に優しい味わいが光る こちらの
月乃家」さんのラーメンも見事な美味しさです♪


店主さん本当に ありがとうございます!!!


お店を出て次の目的地は醤油発祥の地 和歌山
湯浅醤油の「角長醤油」さんの蔵元さんです♪


CIMG2145.jpg
「角長醤油さん」


最初に伺った「和 dining 清乃」さんで食べた「角長醤油
「匠」ラーメン」で使われている醤油の蔵元さんです。


「角長醤油」さんは創業 天保12年
170年の歴史を誇る蔵元さんです。


頑までに昔の手造りに こだわり醤油発祥地の
湯浅の750年前の造り方に基づき再現された
「角長醤油 匠」は3年熟成の生醤油です。


これが また品質も高品質で さることながら
お値段も300mℓで1500円なんです!


何とあの「角長醤油「匠」ラーメン」に使われて
います醤油は最高級の品質・値段なんですね!!


びっくら こきました!


せっかくなんで お土産に「角長醤油 濁り醤」
生醤油を買って帰りました♪楽しみです♪


その他にも色々 町家を見学させて頂きました♪


CIMG2153.jpg
「甚風呂」


お風呂屋さんの記念館です。
丁寧な説明を受けました。


CIMG2154.jpg
「金山寺味噌」


「金山寺味噌」も こちらが発祥の地だそうです。
味見をさせてもらい お土産に買って帰りました♪


CIMG2157.jpg
「角長醤油 蔵元」


なかなか風情のある町並みでした。
若い人が引き継いでもらいたいですね。


一行は その後「白崎海洋公園」に行くことに


CIMG2162.jpg
「白崎海洋公園」


この海洋公園から見える景色は独特です。


CIMG2159.jpg
「白崎海洋公園」


白い岩が まるで山のような景観です。


CIMG2161.jpg
「白崎海洋公園」


初めて見る幻想的な風景です。


さあ!次に行きます!


一行は その後 次の目的地に行くことに


CIMG2166.jpg
「しらす屋 ゆあさ湾 則種」


漁港に近い「湯浅」はイワシの稚魚「しらす」を
生で食することが出来ることで有名だそうです。


と、言うことで「生しらす」を頂きました。


CIMG2164.jpg
「生しらす」


「生しらす」には大葉に、おろし
生姜、だし醤油を掛けて食べます。


「生しらす」が ねっとりとして
思わず「日本酒」が欲しくなる♪


和歌山の日本酒が呑みたかった……


気を取り直して次の目的へ


次は予定を変更して「奈良」に行くことに


そこに何かが あるからです


「和歌山」から延々 車で4時間も
掛けて着いた「奈良」にあるのは


こちらの お店!


CIMG2169.jpg
まりお流ラーメン


まりお流ラーメン!!!』


噂には聞いていましたが、実際に行った
のは初めての有名なラーメン店さんです!


着いてビックリ!


『33人 待ち!!!』


何とか30分待って注文したのはコチラ!


CIMG2170.jpg
「【イベリコ豚ばら肉200g入り】正油ラーメン」


『至高の肉中華そば【イベリコ豚ばら】正油ラーメン』


『1260円!!!』


イベリコ豚とはスペインの広大な どんぐり林で 半年以上
どんぐりだけ食べさして育てた正に究極の豚とのことです。


値段も さることながらボリュームも凄い!!


スープが熱い!!!


そしてスープの上面に浮いた無色透明の豚脂が美味い!!


鶏系の獣肉系の出汁と貝(はまぐりかな?)などの
スープがガチンコに合わさってノックアウトです!!


麺は中太のモッチリ麺 これは美味い!!!


具材には薄切りされた「イベリコ豚」のバラ肉が
クルクルッと巻かれていて口の中で ほどけ溶ける♪


溶けウマ!!!


メンマが しっかりとしてデカイ!!!


玉子もバッチリ1ケ!


ネギも どっさり!!


スープが多い!!!


大満足でした。


本当に この お店の店主さんは心底ラーメンが
好きなんだなぁ と分かるような「これでもか!」
って言うような味の掛け合わせ!凄いね!!!


本当に この日は【ラーメン三昧】な1日でした。


三者三様のラーメンを食することが
出来 本当に楽しかったです!!!


ラーメンは楽しいね♪♪♪


この度 連れて行って頂いた「インスキー」さん
そして一緒に行って頂いた「ユアサ酒店」の
「横山」さん、本当に ありがとうございます。


心より感謝をいたします。


素晴らし過ぎて超長文になってしまいました。


超長文 ご拝読 感謝


心より


原酒店 原栄治


11月19日(月)昨日は「三豊麺」さんで「煮干ラーメン」を食べに行きました。


煮干ラーメン


昨日の日曜日は 元町の「三豊麺」さんに
煮干ラーメン」を食べに行ってきました。


前回は9月30日に「こってりラーメン」を
食べに行って以来、1ヶ月半ぶりの訪問です。


今回も以前より お世話になっています
懇意な お店の店主さんから行ってみて
欲しいと伺いましたので行ってきました。


こういう依頼って大好きなんです♪


CIMG1792.jpg
三豊麺さん」


前回同様に「三豊麺」は「さんぽうめん」と読みます。


早速お店に入り「煮干ラーメン」を頼みました♪


CIMG1794.jpg
煮干ラーメン


まず「煮干の出汁」がバン!と全面に出て来ます!そして
それを受け止めるかのような獣肉系のスープのバランスが
高い位置でバランスを保ちパワフルな美味しさです!!!


麺は細打ちの博多ラーメンのような加水が少なめの
しゃっきりとした麺でスープとの絡みも絶妙です♪


具材は海苔、しっかり目のチャーシュー?、
メンマ、煮玉子、ネギ、とオーソドックス、
それに こしょうが最初から掛かっています。


食べ応えがありスープもパワフルで細麺が
しゃっきりと味を引き締めて バランスの
良い なかなか美味しいラーメンです♪


この味で680円は お得だと思います。
オペレーションとしては完璧だと思います。


美味しかったです♪


これから どのように お店の魅力が
肉付けされて行くかが楽しみです♪


ありがとうございます。


心より感謝です♪


原酒店 原栄治


追伸
CIMG1793.jpg


こんなサービスも始められています!


10月3日(水)「三豊麺」さんで「こってりラーメン」を食べに行きました。


こってりらーめん


先日の日曜日 台風の最中に元町の「三豊麺」さん
に「こってりらーめん」を食べに行ってきました。


CIMG1520.jpg
三豊麺さん」


三豊麺」は「さんぽうめん」と読みます。


ちょうどプロレスを三宮に見に行く予定でしたので
以前より行ってみて欲しいと懇意な お店の店主さんから
伺っていましたので この日に行こうと決めていました。


暴風雨の中 傘もささずに ずぶ濡れに
なって一人で「ラーメン店」に行く
何て ちょっとビックリですよね(笑)


まぁ、それは さて置き……


CIMG1521.jpg
三豊麺さんの券売機(クリックすると拡大します)」


券売機では「こってり三豊麺」となっています。
一部では「超こってりらーめん」と記載されています。


まぁ、メニューには こだわりがないのでしょうね。
さっそく「こってりらーめん」を注文しました。


CIMG1522.jpg
こってりらーめん


鶏系だと思われるのですが、獣肉系のドロドロ
スープに、しゃきり ぷりっとした食感の中太麺
がコシがあってスープのからみも いい感じです。


※豚骨出汁とのコメントを頂きました。


深謝


かなり美味しい完成度の高いラーメンです。


以前に伺った時は「つけ麺」を食べたのですが、ワタクシ
欲張り過ぎて「900g」も普通の量と同じ価格だという
ことで頼んだのですが……アップアップして やっとこさ
食べれたというところで味の記憶がありませんでした。


こちらのオススメはワタクシの独断ですが
断然「こってりらーめん」だと思います。


「こってりらーめん」680円ですが、
食べ応えもあり お値打ちだと思います。


美味しかったです。ありがとうございます。


心より感謝です。


原酒店 原栄治


3月12日(月)「気合いのラーメン つぼ」さんに行ってきました。

CIMG0865.jpg
「気合いのラーメン つぼの塩 鮭ラーメン


先週の週末 土曜日の仕事が終わった
後 懇意な お客さんが「ラーメン」を
食べに連れて行って下さいました。


先週1週間は心身共にボロボロで
ひどく体調を崩していましたので、
それを察して頂いたのでしょうか。


本当に ありがたかったです。


こちらのラーメン店の ご主人さんは元プロボクサー
でした。道場破りに来たジャンルの違う格闘家との
闘いに向こうのルールで闘ったという猛者である。


その後プロボクサーを廃業し転々と飲食業の道に進むも
ボクサー特有の障害「パンチドランカー」という突発性
記憶障害のせいで仕事が上手くいかない日々が続いた。


その後 一念発起して「芦屋ラーメン庵」さんで
修行し苦難に耐え自分の店をオープンしました。


正直、八方破れで洗練された味わいでは無い
のですが、ワタクシは この お店に行く度に
何とも言えないような元気を もらうのです。


濃厚な豚骨スープに塩ダレ、
トッピングに鮭フレークと

「???」

と頭を よぎったりしますが


これが何とも言えずバランスが良く
『これで いいんや。』と不思議と
納得してしまうような味なんです。


ご主人さん美味しかったです。


CIMG0863.jpg
「気合いのラーメン つぼ


接客も お世辞にも上手いと言えない
ような武骨で不器用な店主さんです。


八方破れな店構えですが、純粋で ひた向きな
その姿勢には いつも元気を もらっています。


大好きな お店です。


連れて行って下さった お客さん
本当に ありがとうございます。


少し元気が出てきました。


「人と人は支えあって生きている」


そんな思いになった週末の ひと時でした。


心より感謝


原酒店 原栄治


7月29日(木)熱いぜ!「気合いのラーメン つぼ」に行く。

P7301997.jpg
気合いのラーメン つぼ


スポーツジムの「トレーニング仲間」の
みんなが うちの店に訪問してくれました。


しばらくスポーツジムを辞めて「資格試験」
の勉強一本に取り組んでいた仲間が おられ
ましたので思わず話が遅くまで弾みました。


話も盛り上がりますと・・・


「ラーメン食べに行こ!!!」


となるわけです。最近よく食べるね
「ラーメン」いやホント!ホント!


この度 行ったのは うちの店の近所にある
気合いのラーメン つぼ」という お店。


大変 申し訳ないのですが見るからに「不器用」
そうな生き方をした店主が やっているという
感じで あまり行くことが ありませんでした。


ある意味ワタクシと 惹かれ合う
部分が合ったのかもしれません・・・


店に入って ほどなくラーメンを注文
するとカウンターに本が置いてあった。


とある「空手家」の【自叙伝】だった。


何げなく その本に目を通していると「店主」さんが
『私のことが その本に載っていますよ。』とのこと。


裏表紙の「ボクサー」の写真が
「店主」に おもかげを感じる。


話の内容は こうである。


主人公の「空手家」が【道場破り】に
「プロボクサー」に対戦を申し込む。


その対戦相手の「プロボクサー」が このラー
メン店「店主の坪井」さんの若い頃とのこと。


ルールは「空手家 有利」の
[理不尽なルール]だった。


「坪井」さんは そのルールを呑んで闘う。
結果は「空手家」の方の[圧勝]に終わる。


「次はボクシングのルールで闘って下さい。」


「坪井」さんの思いに「空手家」の方も応じる。


仕切り直し第2戦は「プロボクサー」
「坪井」さんの【圧勝】で終わる。


闘いを通じて互いに互いを認め合った。


それから幾年が過ぎた・・・


「プロボクサー」を引退した「坪井」さんは
[パンチドランカー]の症状が出てしまう。


なかなか【次の職】が見つからない。


悔しさあまり道を外れた
ことも あったという・・・


でも「坪井」さんは【一念発起】した。


兵庫県 芦屋の「ラーメン屋」さんで修行をする。
心にカラダが追いつかないこともあった・・・。


そして【念願】の「ラーメン屋」さんを建てた。
今の「気合いのラーメン つぼ」という お店だ。


決して立地に恵まれた お店ではない。


同じ場所で以前にクオリティーの高い「ラーメン屋」
さんが開店していたのだが すぐに潰れてしまった。


(上手く いくはずがナイ・・・)


周囲の心配を よそに「気合いのラーメン つぼ」は
今年で【開店4周年】を迎えることが出来たのだ。


当時、闘った「空手家」の方が店主「坪井」さんの
【生き様】を愛らしい文で「著書」に つづっていた。


「あなたの【生き方】が私の励みになる。」


と・・・


「よく耐えられましたね。」


カウンター越しに うっすら微笑む
店主さんの顔が とても印象的でした。


「人は人によって救われる。」


何だか店主の「坪井」さんに一杯
の勇気を頂いたように思いました。


【荒削り】な趣のある「ラーメン」も
心なしか磨かれて美味しく感じました。


「店主さん美味しかったです。また来ますね。」


お腹も心も満たされた ある夏の日のこと。


一緒に行ったメンバーも何だか「いいよね。」
って言いたくて また再会を誓ったのでした。


「みんな この間は ありがとうね。」


嬉しかった・・・


心より


原酒店 原栄治


7月28日(水)「徳島ラーメン 麺王」さんに行く。

P7251996.jpg
「徳島ラーメン 麺王さん」


たま~に 都会の「元町」なんぞに来たもんですから
好奇心旺盛でラーメンを食べに行ったのであります。


この日 訪れたのは【徳島ラーメン抗争@神戸】
とワタクシが勝手に名付けました話題の お店


ナゼか最近「神戸」に同時期に「徳島ラーメン」の お店が
2軒出来ました うちの1軒【徳島ラーメン 麺王】さんです。


もう1軒は うちの近所に出来ました
話題の【徳島ラーメン 大萬】さんです。


P7061857.jpg
「徳島ラーメン 大萬さん」


偶然にも同時期に お店が出来まし
たので否が応でも比べられます。


さて「徳島ラーメン 麺王」
さんは いかなるラーメンか?


「徳島ラーメン 麺王」さんは本場 徳島の
名店「東大」さんのチェーン店だそうです。


麺は しゃっきり細めん、スープはしっかり
とした豚骨スープに、マイルドな醤油ダレ。


前店 同様、こちら関西風に味わいを
マイルドに変えてきているようです。


しかし ながら


豚バラ肉の煮込みやマイルドな味わいながらも
しっかりとした豚骨スープは「徳島ラーメン」の
【骨格】を充分に表しているように思いました。


本場「徳島」に行かなくても本場の味の
一端を味わえるような感じがしました。


値段も手頃な480円と「元町駅」
からスグと使い勝手も良さそうです。


「本場 徳島のDNA」の味を受け継いだ お店と
「本場 徳島にインスパイアー」された お店の
【抗争】が今後どのように深化していくか楽しみです。


何にしても我が町「神戸」が盛り
上がってくれるのは嬉しい限りです。


これからも どんどんシノギ
を削っていって欲しいですね。


「盛り上がれ~!!!神戸~!!!」



原酒店 原栄治


7月6日(火)やっとオープンしました。超話題の お店「徳島ラーメン 大萬」さんに行ってきました。

P7061857.jpg
徳島ラーメン 大萬


【超話題の お店】に行ってきました。


ナニが【超話題】かと申しますと、
今を さかのぼること「2ヶ月前」


うちの近所に「ラーメン店」が出来る
との【お知らせ】が貼ってありました。


店の前には『近日オープン』
の張り紙が貼ってありました。


しかしながら「5月を過ぎ」ても
いっこうに店はオープンしません。


そして「6月を過ぎ」ても まだ
店をオープンする素振りはなく


それでも まだ店の前には

『近日オープン』

の張り紙が してあるのでした。


そして とうとう「7月」になりました。


うちの お客さんの間では この
お店が「いつオープンするのか?」
という話題で持ちきりとなりました。


また


「なぜオープンしないのか?」


という疑問が浮かび、その思いから お店
のオープン時に いち早く行きたい!という
ほど【超話題の お店】になっていました。


話が長くなりました・・・


とうとう先週の日曜日に【超話題の お店】
徳島ラーメン大萬」さんが開店したのです。


そして早速、昨日の夜に
店に行ってみたのですが


あえなく閉店・・・


そして今日リベンジで行ってきました!!!


P7061857.jpg
徳島ラーメン 大萬


開店時11時すぐに行ったのですが【超満員】!!
当たり前ですが出来立ての凄くキレイな店内!!!


ご家族で経営されているのか
親しみのある爽やかな応対。


徳島ラーメン」を注文することに


ほどなく出てきた【ラーメン】の「麺」は
太過ぎず 細過ぎずの「中太麺」モッチリ


「スープ」は「徳島ラーメンよろしく」の濃い目の色の
「豚骨スープ&醤油ダレ」でも味わいは意外とマイルド
で濃くはなく かつ「豚骨スープ」の味も効いている。


本場「徳島ラーメン」の「東大」さんの
ラーメンよりもマイルドで塩味も強くなく

伝統の食べ方【すき焼きラーメン】の
「生卵」を入れなくても いい感じ。


「こちら向きに味を変化してくれているのかな?」


なかなか いいお店です。近所に「讃岐うどん」の
【讚松庵】さんもあることですしね。この界隈が
『魅惑の四国麺スポット』になればイイデスネ。


あまりにも にぎわっていましたので
結局「近日オープン」がナゼ長く続い
たかの お話は聞けずじまいでした。


でも それでも全然よかったです。


我が町【兵庫】に近頃 ホントに
たくさんの お店が出来ています。


我が町【兵庫】が にぎわっています。
我が町【兵庫】が変わろうとしています。


それも この界隈に出来る【新店】は どの
お店もセンスの良い ちょっと【おちゃめ】
な一面を見せる【良店】さん ばかりです。


近所に【面白い お店】が
増えて刺激を受けまくりです。


ワタクシも【切磋琢磨】して我が町
【兵庫】を盛り上げていきたいですね。


何だか調子も良くなってきましたよ!!


「盛り上がれ【兵庫】の町!!!」


夏の熱い季節が やってきたようで とても
気持ちのいい ある昼下がりのことでした。


「あ~!!早く夏よ来い!!!」


皆さん いい夏を迎えましょうね。


心より


原酒店 原栄治


追伸
昨日も2日連続 自己満足以外の何もの
でもない「肉体改造計画」に励ました。


誰も興味がナイとは思いますがワタクシの
トレーニング内容を また ここに記します。


【原栄治の肉体改造計画 127回目の内容】
ストレッチ(ウォーミングアップ)5分
背筋(上体そらし)45回
横腹筋(横上体起こし)90回(右左45×2セット)
腹筋(上体起こし)30回
腹筋(足上げ腹筋)20回
ランニング(ステアマスター)35分
ストレッチ(クールダウン)5分

以上 1時間のトレーニングです。


心身共に調子が上がってきましたよ!!!
さあ!もうすぐ熱い夏がやってきますね。


「いい夏に しましょうね!!!」


心より


6月6日(土)「ラーメン たんろん」に行く。

P6051101.jpg
ラーメン たんろん

先日 所用で出掛けた帰り「ラーメン」を食べに行きました。
以前より気になっていました新進気鋭の「ラーメン店」です。

前に「大黒正宗 特約店」の「桐元酒店」さんと
偶然にも行ってみたいと言っていた お店です。

今回はワタクシひとりでの訪問です。
場所は「西宮」です。「阪神 西宮駅」が近いかな?

まだまだ出来て ちょうど1年を迎える お店とのこと。

「油そば」や「冷やしラーメン
など意欲的なメニューが多いとか

早速お店に入ってみる。キレイな内装。
筋骨隆々の若い青年が店をしている。

メニューが何とも意欲的だ。麺類と ご飯とビールのみ
あれこれ興味が湧いて何にしようか悩む・・・。

珍しいメニュー「冷やしラーメン」を頼む。

P6051102.jpg
「冷やしラーメン

これが なかなか面白い!!

ジュレ状(≒ゆるいゼリー状)になった鶏ガラスープに薄切り
のチャーシュー 白髪ネギ 水菜のシンプルな冷たいラーメン。

その筋骨隆々な出で立ちとは違っ
て味わいは とても繊細である。

冷やしているせいもあり味の出所
が ぎりぎりのバランスである。

ワタシ的には大好きな味である。

「武骨」な雰囲気がマッチするようなラーメンである。
いや「ストイック」という表現が より近いかもしれない。

店主さんに「ブログに載せてもいいかな?」
と話すと快く色々な話をして下さった。

この店主の「若松」さんという
人は とても興味深い人である。

まさに「根っからのラーメン好き」が
ラーメン屋になったような感じである。

店主さん学生時代は「空手」に
明け暮れ卒業後「自衛隊」に就く。

「ラーメン屋」さんになる夢を捨て切れず昨年29歳(?)
で独立 現在30歳で お店の2階で暮らしているという。

まさに「ラーメン」と共に生活しているといった熱血漢だ。
「ラーメン」の味と同じく「武骨」で「ストイック」だ。

普通の一般的な「ラーメン屋」さんに あるような
メニューが少ないので広く浅く爆発的な人気は出ない
かもしれないが、その一途な生き方を つらぬいて行け
ば少しずつだか熱心なファンが増えることだと思う。

ワタクシは この若者の生き方を買いたい。
味わいが繊細で好き嫌いが分かれると思う。

とにかく熱心な店主さんである。熱っぽく「ラーメン」
のことを語ってくれた麺は京都の名店「麺屋棣鄂(めん
やていがく)」さんのモノを使っていることなど。

「麺屋棣鄂」さんといえば京都の名店「しゃかりき」という
お店の麺を作って名声を上げたとされている製麺屋さん。

色々な試行錯誤を くり返し自分自身のライフ
ワークにしていっているといった感じである。

「荒削り」なところも この
お店の魅力といったところか。

「次は ぜひ【油そば】を食べて下さい!」

と目を輝かせて店主の「若松」さんは言ってくれた。

こういう若者の姿を見ると応援した
くなるし心底 成功して欲しいと思う。

(その前に自分が成功しなければ・・・。)

また行ってみたいと思う お店である。
俺も負けては おられないと思った。

「ラーメン たんろん」本当に魅力的な お店です。
情熱が いっぱい詰まったラーメンを お勧めします。


【ラーメン たんろん
兵庫県西宮市城ヶ堀町2-13
TEL(0798)36-7222
営業時間:平日 11時~14時 18時~25時
    :土曜日 11時~25時
    :日曜・祝日 11時~22時
    :定休日 月曜日

店主の一途な思いが魅力的な お店です。
日進月歩でラーメンの質も変わり続けるかもしれませんね。

5月12日(火)「ラーメン 豆市」さんに行く。

P5131037.jpg
「ラメン 豆市」

一時期 非常に好評でした「大黒正宗 特約店」の「桐元酒店」
さんと行く「ラーメン ツアー」を所用の帰りに行きました。

「桐元」さんとは昨年10月以来の「ラーメンツアー」です。
前回は東灘の「一生懸麺」さんで すごく盛り上がりました。

今回は偶然にも「桐元」さんと行きたい お店が一致して
いたのですが その店の営業時間を過ぎていましたので神戸
三ノ宮の「丸高 中華そば」を目指したのですが何と定休日

何とも初歩的なミス・・・
「桐元」さんスイマセンでした。

ということで もう「開いている店を!」ということ
で神戸 三ノ宮の「ラーメン豆市」さんへ行くことに、

この お店「ラーメンの麺」にワカメや唐辛子や
カボチャなどを練り込んだのが特徴のラーメンです。

ワタクシは麺に「黒豆」を練り込んだラーメンをチョイス。
「五目ラーメン」だったっけな??「黒豆麺」で注文する。

麺は極細の つるつると のど越しのいい食感。
スープは飾らない あっさりとしたトンコツ系?

特に出汁の味が主張したようでは
ないような優しい味わいのスープ

野菜も たくさん入っているので ある意味
家で食べるような落ち着く懐かしい味わい。

「黒豆麺」は味よりも「食感」が持ち味かな?
見方を変えれば「我が道を行く」感じですかね。

飾らないのが特徴の ほっこりした味が いいですね。

それにしても この お店 年配の ご主人
ひとりで何時まで店を開けるのか?

そのことが絶えず気になってしょうがない、何か
ご主人の生き方が染み付いたような お店でした・・・。

「桐元酒店」さん遅くまでスイマセンでした。
また「ラーメンツアー」を再開しましょうね!!

あ!そうそう!!

大黒正宗ファンの集い」の申し込み
締め切りが今週の日曜日となりました。

参加希望の方が ございましたら
お気軽に ご連絡を下さいね。

大黒正宗ファンの集い
日時:5月24日(日)
時間:1:30~2:00/受付・試飲
  :2:00~5:00/ファンの集い
場所:御影公会堂
  :神戸市東灘区御影塚町4-4-7 TEL(078)841-2281
  :阪神電車 石屋川駅 下車 徒歩 川沿い北へ250m
会費:3000円(税込み)
締切:5月17日(日)〆切り
  :参加申し込みは大黒正宗特約店まで

大成功の会になりますよう精進いたしますので
皆さん何とぞ よろしく お願い申し上げます。


原酒店 原栄治


3月22日(日)「東部ラーメン食堂 一生懸麺」に行く。

P3220928_20090322230113.jpg
「東部ラーメン食堂 一生懸麺」

今日は「生活習慣 改善トレーニング」のため
にスポーツジムに行って体を動かしました。

まだまだ「腰痛明け」で体調に不安が残ります
ので「腹筋」と「背筋」と軽い「ジョギング」
をするだけの30分ぐらいの試験走行でした。

この際すべて「ポジティブシンキング」に徹しようという
ことで家路に着く前に「ラーメン」を食べに行くことに。

向かったのは以前メチャクチャ感銘を受けたラーメン店
神戸市 東灘区の「東部ラーメン食堂 一生懸麺」さん。

前回 行ったのは昨年の10月3日「大黒正宗」
特約店「きりもと酒店」さんと行って以来です。

前回 行った時は とにかく面白かった。

『人通りの まったくない真っ暗なロケーション』
『深夜4時まで開けている摩訶不思議な営業時間』
『お酒と一品料理が やけに豊富でメニューが多い』
『コッテコテの豚骨スープと超極細麺のラーメン』

その時の感想は「味うんぬん」というよりも
これらのことが気になってしょうがなかった。

「トワイライトゾーン」
「日常生活のワンダーランド」

なんて感想を書いていた。

はたして この半年の間に どう変わったか
そのことが実に楽しみでしょうがなかった。

まず店に入ってみて先客がいない。どうしたものかと思いき
や どんどん お客さんが入ってくる、あっ!という間に満員。

すごい・・・。

そしてメニューが変わっていた。
「博多 本格屋台【虎】豚骨ラーメン」(?)と
「久留米センター【龍】豚骨ラーメン」(?)

前者が「あっさり」で後者が「こってり」らしい。
その前にメニューが「虎と龍」ていう店に変わっている。

これは あくまで聞いた話ですが「虎と龍」というラーメン
チェーン店を展開されていて そのセントラルキッチンつまり
ここを起点の工場として すべての素材を作り送るとのこと。

食べる前に何なんですが・・・。

「ラーメンのうつわ」が心なしか小さくなっていた。
経費削減のためだろうか?でも値を上げるよりはいいね。

そして「豊富な一品料理」が餃子と唐揚げと
チャーシューだけのメニューになっていた。

これも経費節減のためだろうか?
ま、前が多すぎて不自然だったけどね。

そして「ラーメン」は「久留米センター
【龍】豚骨ラーメン」を注文することに。

前に食べたときは荒削りでパワフルな感じだったのだが この
度は実にマイルドでバランスもよく いい味に仕上がっていた。

半年間の試行錯誤が伺えるようです。

聞くところによるとメニューを
かなり いじって変えているとのこと

それも この店だから許されるように感じます。
「一生懸麺」は名前の通り一生懸命さが伺えた。

「ロケーション」と「営業時間」以外に面白
みは無くなりましたが これはこれで いい お
店に成熟していくような予感も感じられます。

もっと武骨だった時の方が魅力的だったと思うのは気の
せいかな?それは ぜいたくな悩みかもしれませんね。

これからも この お店が どう進化していくか
を見守るのが楽しみでもあったりします。

お店の方ありがとうございました。
ラーメン美味しくなっていました。

また行きますね。


【東部ラーメン食堂・一生懸麺】
住所:兵庫県神戸市東灘区深江浜町77番地
  :東部買い出し人センター
TEL:(078)413-8881
営業:AM11:00~翌AM4:00

「営業時間」と「ロケーション」はスゴイです。
『迷わず行けよ!!行けば解るさ!!!』

※迷うような場所にあります。

10月10日(金)「漁師屋らーめん 六甲道店」に行く。

PA100580_20081010173632.jpg
「漁師屋らーめん 六甲道店」

先日 所用が ありまして先輩の酒屋さん「吉田酒店」
さんと一緒に「ラーメン」を食べに行ってきました。

この度の お店は六甲道の「漁師屋らーめん」さん
「海産物」をベースに使ったスープが自慢の お店。

この「漁師屋らーめん」さんは うちの近所の新開地
「福原」に お店があり そこから独立した店舗のよう。

以前、この お店の常連さんが「しぼりたて大黒正宗」を
お店の方に贈って下さったことから面識はあるのである。

以前「新開地 福原」に おられた方が「芦屋」で店を
出した時も たまたま伺って店主さんがワタクシのこと
を憶えて下さっていて嬉しかったことを憶えています。

そして今日が その お店の「六甲道店」の初訪問と
いうことで少し期待を のぞかせて伺ったのだが・・・。

まったく知らない店員さんだった・・・。

そんなことは よしとして名代「漁師屋らーめん」を頼む
ことに、程なくして出てきたラーメンは「新開地 福原」
の「漁師屋らーめん」と同じようなラーメンでした。

そつなく「海産物」をベースに使ったスープ。いい味です。
とりわけ洗練されたわけではない「細麺」悪くないです。

でも何となく「新開地 福原店」と違うように感じます。

前回 行った「一生懸麺」さんの印象が強すぎるのか?
一緒に行った「吉田酒店」さんの話が面白すぎるのか?

う~ん・・・。何だろ・・・?

いや多分「吉田酒店」さんの話が面白すぎるからだろう!

『間違いない!!』

信頼しています兄貴分の「吉田酒店」さん店主の
「増田」さんは本当に人望があり頼りになる先輩です。

話が いつも大変 面白い先輩ですので
ついつい長居をしてしまいました・・・。

話題の中心は何といっても13日に迫りました
「大黒正宗ファンの集い」のことについて、

何としてでも お客さんには喜んで帰って
欲しいなと強く意見を交換しあいました。

そんな心持ちになったラーメン屋さんでの一コマでした。

さあ!皆さん10月13日(月)は「大黒正宗
ファンの集い」は思いっきり楽しみましょうね!!!

素晴らしい会になることを心より お祈りいたします。

『さあ!!行くぞ!!!』


【漁師屋らーめん 六甲道店】
住  所:兵庫県神戸市灘区深田町3-5-2
T E L :(078)811ー3336
営業時間: 11:00~15:00
    :17:00~翌2:00
定休日 :火曜日

10月3日(金)東部ラーメン食堂「一生懸麺」に行く。

PA010569.jpg
「人影のない とある雑居ビル」


「ここは どこでしょう?」


9月30日に所用で出掛けた帰り「大黒正宗」
の販売店の「桐元酒店」さんと一緒に向かった
先は まったく ひと気のない雑居ビル・・・

我々は「ラーメン」を食べに行ったはずである・・・。

その行った先というのが こちら・・・

PA010570.jpg
「東部買出人センター・神戸生鮮食品商業協同組合」

「東部卸売りセンター」つまり「卸売り市場」である!!

この「東部 卸売り市場」は「人工島」なので人家が非常
に少ない。周りには ひと気がないだけではなく・・・

『明かりがない!!』

『真っ暗!』

色々な人からの情報では この まったく ひと気のない
ところに「ラーメン屋」さんがあるらしい・・・

「本当に あるのだろうか・・・。」

店が あるらしいというところに近づく
に つれて不安が つのってくる・・・。

だが あるのだ!!
そこに「ラーメン屋」さんが ある限り!!

『ポンッ!!!』

P9300567.jpg
「東部ラーメン食堂・一生懸麺」


「一生懸麺(いっしょうけんめん)」


「あるんだよ これが・・・。」

ひと気の ないところに あるんです・・・。
もう おかしくなってしまうくらい・・・。

「何で こんな ひと気のないところで店を してんの!?」

と思わず疑いたくなる。

何と営業時間は お昼11時~翌 明け方の4時まで

「こんな ひと気のないところに早朝4時まで開けるの?」

ますます持って解らない・・・。


『理解 出来ないのです!!!』


『ここは「秘密結社」か?』

何なんだ?!わけが解らない!!!

「もう こうなればヤケクソだ!!!」

「入ってみるか!?」

入ってみる・・・。

まるで出来合いの「オープンキッチン」・・・

「何なんだ!これは!!」

店内には まるで「柔道」をしてきたような
剛健な お店の人と若い男性の人との2人

(理解不可能・・・・。)

「ご注文は何にしますか?」

と聞かれた時に私は思わず気を失いそうになっていた。

これは「夢なのか?幻なのか?」

『今 現実に相対している人は「人間」だろうか?』

まるで「トワイライトゾーン」に入ってしまった我々は、
ただただ「博多天神豚骨ら~麺」を頼むしかなかった・・・。


ちなみに店の紹介文にはこう書かれていた・・・。


とんこつラーメン発祥の店とされる、久留米の屋台「南京
千両」さんに感銘を受け、熊本ラーメンの源流と聞く「天琴」
さん「黒亭」さんなどに刺激され、とんこつの本場 博多天神で
とんこつラーメンの完成型を知る。東部ラーメン食堂『一生
懸麺』独自の超本物とんこつラーメンを是非ご賞味下さい。


「自己アピール下手・・・。」


ここまで自分を美化するアピールの仕方も珍しい・・・。
(しかも他人の ふんどしを使って・・・。)


「不思議だ!!!」


そんな思いを よそに出てきた「ラーメン」は こうだ!!

『博多ラーメンだ!!!』

厳密に言うとワタクシ【博多ラーメン】を食べたことがない。

しかしである!!!

今 食べた「ラーメン」には自己主張が感じられる!!

荒けずりにダイナミックな「豚骨スープ」
そして決して洗練は されていない「極細麺」

「この生き方に惚れ込みそうになる!!!」

決して上手ではない!!!
お店の立地は最低!!!

(だって人通りはゼロである・・・。)

何だか この お店に惹かれそうになった。
なぜ この場所に この お店を作ったのかと聞くと

「ここが工場なんです!!!」

とのこと・・・。

何と この お店、今からチェーン展開をして
いこうと考えているらしく ここ「卸売市場」に
工場の拠点を構えて展開をして行きたいとのこと

「なるほど。」

それにしても面白い お店だ!!!

皆さん ご興味が ございましたら一度
「一生懸麺」に いらして下さいね。

『本当に面白い お店です。』

一品料理も豊富なんで一度みんなで朝まで
お酒を呑みたくなるような お店ですね!!!

「さあ!次は どこに行きましょうか!!!」

人生は楽しい!!!


【東部ラーメン食堂・一生懸麺】
住 所 :兵庫県神戸市東灘区深江浜町77番地
    :東部買い出し人センター
T E L:(078)413-8881
営業時間:AM11:00~翌AM4:00

本当に面白いですよ!!!
まさに日常生活のワンダーランド!!!

PA010568.jpg
「一生懸麺の看板」

より ひと気のないところに置かれている看板です。
これは正直 目印に まったくなりません・・・。

どこまでも「生き方」が愚直なんだね・・・。

8月29日(金)ラーメン店「弘雅流製麺」さんに行く。

P8280532.jpg
「ラーメン店 弘雅流製麺」

昨日は最近 出来ました気鋭の「ラーメン店」
との噂も高い「弘雅流製麺」さんに「大黒正宗」
の販売店の皆さんと一緒に行ってきました。

なお「弘雅流製麺」とは「こうがりゅうせいめん」
と呼びます。店主の お父さんの名前の「弘」と店主
の名前「雅」を一字ずつ取って名付けたとのこと。

店名を聞くだけでも気合いの入りようが伺えます。

場所は「JR住吉駅」を南に降りて2号線沿
を少し西に進んだところ。以前「神助」と
いうラーメン店さんが あったところです。

店の中は「神助」さんの内装を踏襲したものの
新しく出来た本当にフレッシュとした感じでした。

聞くところによると豊中の名店「麺哲」さんで
修行をしてきた ご主人が開いた お店とのこと。
いやが応でも期待が高まります。

注文をしましたのは「つけ麺」でした。

P8280533.jpg
「つけ麺」

厳密には「塩つけ麺」だという。
何と麺は300gもあります!!!

若々しさがダイナミックな形でストレートに伝わってきます。

全体的に「塩味」を基調とした味わいに隠れて
鳥と魚(?)系の出汁が抑え気味の味わいです。

店主の心意気をダイレクトに感じる。
いい味です。


お店の ご主人に

「私のブログに載せてもいいですか?」

と聞くと

「厳しく書いて下さい!」

とのこと。

『その意気や良し!!』

まだまだ前途洋々の若者といった感じの ご主人
の気概には惚れ込む人も多いように思えた。

この意気であれば さらなる精進を繰り返し必ずや
名店になれるような素養を持ち合わせていると思う。

その門出を心より祝福したいと思った。
志し高き思いに幸あることを祈ります。

また行きますね。

【弘雅流製麺】
住所:兵庫県神戸市東灘区住吉宮町6-14-12
営業時間:18:00~24:00
    :(ラストオーダー23:30)
定休日 : 月曜
    :第何週目かの日曜日(かなり いい加減な私の記憶)

店主の気概が あふれる良い お店です。

3月13日(木)「お家で酒粕ラーメン」

P3130102.jpg
「ラーメン みなとや 特製 酒粕ラーメン」

先日いつも お世話になっています「ラーメンみなとや」さん
の ご主人の黒瀬さんより「酒粕ラーメン」を頂きました。

私が個人的に いつも お世話になっているので少し
「大吟醸の酒粕」 をさし上げた お礼に ということ
で お家用に「酒粕ラーメン」を作って頂きました。

黒瀬さん本当に ありがとうございます。

酒粕で汁を作ると「粕汁」みたいになるのが
普通ですが、さすが「黒瀬」さん ひと味違います。

自家製の麺もワカメを練り込んだような
色合いで のど越しがよく素晴らしい出来です。

そしてスープは酒粕の独特な味を良い意味で感じ
させない味噌を連想させるようなマイルドな味わい。

「酒粕」にも まだ こんな可能性があるのですね。
そう思うと嬉しくなってくるような味わいでした。

「酒粕ラーメン」最高に美味しかったです。
「黒瀬」さん 本当に ありがとうございました。
心より感謝を込めて

9月9日(日)志の店 夢潰(つい)える。「麺屋 華日 閉店へ」

P9091866.jpg
「麺屋 華日」

以前何度か行きましたラーメン屋さん
「麺屋華日」さんが今月9月いっぱいを持って閉店
することを「ishi」さん「北区のライダー」さんから
お聞きしていまして お店の ご主人「茅野」さんに
会うために 今日「麺屋華日」に行ってきました。

店に入るとすぐに この度 閉店することをお聞きし
短い間ではありましたが少し思い出 話をしました。

ご主人は故郷の岡山に戻って再スタートをするそうである。
比較的ふっ切れた前向きな姿勢だったことが救いでした。

スポーツの大会の敗者復活戦ではありませんが 何度でも
やり直しがきく限り挑戦して欲しいなと思いました。

このお店の印象は
最初 店に行った時も無骨で不器用なやっちゃな~。
と思っていましたが最後の最後まで不器用でした。

心も一新して新たなる道に進んで欲しいと思います。
「まだまだ人生はこれからやで~!!がんばれよ!!!」

そんな感じで ひとしきり話をして店を出ました。
最後の最後まで不器用な挨拶だった・・・。
それも この人らしくていいのかな・・・。

「また会おう!!その日まで!!!」


「志の店 夢潰(つい)える。」


「麺屋華日」の閉店は9月30日(日)
ご主人「茅野」さんの新たなる旅路に期待したい。


私の雑感
私を含めお店を開業する人の使命は
「お店を残し続けること」だと思う。

なぜなら私を信じて下さる「お客さん」
に喜びを伝え続けたいから、信じて下さる
「蔵元さん」とともに歩んで行きたいからである。

そして自分自身が責任を持って お店を残していく
ことが自分自身のためになるからであると思います。

「お店」も「人」も一緒で、無くなってしまえば
その表現をする場を 無くしてしまうのである。

だから絶対にお店を無くしてはならないのだと思います。
「絶対に無くしてはならないのです!!!」

そのことを肝に銘じて明日からお店に立ちたいと思います。
皆さん これからもよろしく お願いいたします。

「麺屋 華日(めんや はなび)」に行く。「志あるところに夢は あるはず。」

「ゴールデンウイーク」の最終日は思いの
ほか何の予定もなくなってしまいました。

ということで何も考えずに地元の町
「元町」をいろいろ探索に行きました。

「元町」は学生時代のほとんどを
過ごしたといっても過言ではない町です。

友達がやっている店もあるし
お世話になった店もたくさんあります。

そんな中 以前「和」の食材を使って「イタリア料理」の
技法を使った料理を出すお店があったことを思い出しました。
置いているお酒は「日本酒」のみ それも「純米酒」のみ・・。
カウンター中心のお店なのに予約のお客さんのみ・・・。

そのお店は今はどうなったのかな・・・。
そんな興味本意もあって訪ねることにしました。

すると

「店が変わっている!!」

P5061463.jpg
「麺屋 華日」

その場所にあったのは「麺屋 華日」というお店。
なんと「ラーメン屋」さんに変わっていたのでした。

でもこのお店 何ともいえない雰囲気を醸し出している。

メニューは主に
「刀削麺(とうしょうめん)」と
「手延べラーメン」が中心ときた。

「手作りの為、時間がかかります。
余裕を持って御来店下さい。」
ときた。

今時こんなお店は珍しい・・・。 もしや あの
「イタリア料理」のお店の人が商売替えをしたか。

と思い 店に思いきって入ってみると

『内装がまったく一緒!!!』

『オー!!』

P5061462.jpg
「麺屋 華日の店内 ご主人の茅尾(かやお)さん」

『人が変わっている!』

それもそのはず。
「麺屋 華日」のご主人に聞いてみると
お店を開店したのは今年に入ってからとのこと。

「その前」の経営者は「居酒屋」を営んでいたとのこと。
時代の移り変わりを感じずにはいられませんでした。

それはいいとして・・・。

このお店の料理はやはり「刀削麺」と
「手延べラーメン」が中心というか・・ない。

ご主人の「茅尾」さんは岡山出身の方です。
岡山で「刀削麺」と「手延べラーメン」のお店
で修行をしたのち、商圏がかぶるといけないとの
思いで隣県の「兵庫県」でお店を出したという
若者 年齢は弱冠30歳だそうである。

今時 珍しい性格の人物で写真を撮られると
恥ずかしいとのことから先の写真も目を合わさない。
麺も納得がいかなければ出さない という性格。
(今のところそういったことはないとか。)

『昭和初期の人間か!』

と言いたくなるような性格。
絵に描いたような「メニュー」の少なさ。
しかも麺は手打ち・・・。

おまけに全席禁煙・・・。
お釣りは少なくお願いします・・・。
手作りのため時間がかかります・・・。
余裕を持ってご来店下さい・・・。

めちゃめちゃ楽しい。

久しぶりに「純粋無垢」な若者がまるで
「つめ襟の軍服」を着ているかのような
まぁそんな性格です。

ほとんど カウンターだけのお店なので
ご主人といろいろなお話ができるかと思います。
(ひとりでやっているみたいですから・・・。)

その楽しい空間を味わいたい方は
ぜひとも「麺屋 華日」さんまでお越し下さい。

なんだか「マラソン」の沿道で
応援している観客のような心境になってきました。

「志あるところに夢はあるはず。」

若者の一途な思いに華が咲くことを祈ります。

「なんてね。」


【麺屋 華日】(めんや はなび)
兵庫県神戸市中央区元町通3ー15ー10
TEL(078)393ー2185
定 休 日 :月曜日
営業時間:昼11:30~13:30
____ 夜17:30~20:30

「おすすめは?」と聞かれても、
「刀削麺」と「手延べラーメン」
だということは明白なお店です。

場所は花隈公園を南に下り西行きの一方通行の道路の
筋を一つ脇道に入るという非常に分かりにくい立地です。

もっと分かりにくく説明するとプロレス会場兼 本社ビルの
「ドラゴンゲートアリーナ」から歩いて5分位の所です。

とにかく滋味深い味わいのあるお店です。

4/30 前編 加古川紀行

4月30日(日)の今日は
たくさんの興味深いお話があったので
前編・後編の2回に分けてお伝えしたいと思います。

前編
以前より気になっていたお店が
兵庫県加古川市にありました。

そのお店は、古びた商店街を活性化するべく
若い青年がシャッター通り(閉まった店が多い通り)
のお店の一角(いっかく)を改築し
昔懐かし「レトロな駄菓子屋」を
再現し『町の復興』に一役を買っている・・・。
という話を「NHK」のニュースで見たのである。

ぜひとも以前より行ってみたく
わざわざ加古川市まで行ったのだが・・・。

期待が大きすぎたのか
あまり見るものはなかったです・・・。

過度の期待も問題なのかもしれませんね・・・。


実は話しはここでは終わらない。

もう一軒、行きたいと思っている店があった。
かなり以前に行ったことがあるお店である。

気にいっているお店「ラーメンみなとや」さんの
御主人・黒瀬さんよりお聞きしていた、
「ラーメンみなとや」さんと
『偶然』同じ日に開店したという、
ラーメン屋さんが加古川にある。

その名を「新在家ラーメン・もんど」という。
P4300191.jpg

またラーメンである・・・。

ただこのお店はラーメン屋と侮る(あなどる)なかれ、
非常に仕事が丁寧。店主のスタンスがいい。
食べ物も良心的な価格で、ものもいい。

さすが、「みなとや」さんの店主・黒瀬さんが
いうだけの店ではあるなと思います。

ラーメンも「みなとや」さんと甲乙付けがたい。
なかなかのものである。

帰りぎわにお店の写真を撮らせてほしいと頼んだところ、
わざわざ「なか休み」の時間にもかかわらず、
『営業中』の「のれん」を出して頂いた。
店主さんの心づかいに嬉しさを感じた。

距離は離れているが、
「みなとや」さんといい「もんど」さんといい、
いい店には共通の「ニオイ」を感じます。

切磋琢磨して刺激しあってほしいと自分なりに感じました。

いろいろありましたが、
加古川まで行った甲斐(かい)はあったと思います。
お世話になった皆さん、ありがとうございます。

後編へ続く。

追伸
5月1日(月)JR兵庫駅南の広場にて
『メーデー』のイベントの屋台のお世話をします。
お暇な方は来て下さいね~!

4/29 ラーメンみなとや お深い(オフ会)

今日はラーメンみなとやさんで
「オフ会」に参加させて頂いた。

『オフ会』ってご存じですか?

私も最近になって知ったのですが、
インターネット等で知り合った人が会って、
飲み食いして、しゃべったりする
一種(いっしゅ)の「飲み会」のことだそうです。

他ならぬ、「ラーメンみなとや」さんの会
ということで参加させて頂いたのですが、
行った時間がが遅すぎて、大急ぎで食事をしてしまい
すぐにお腹がいっぱいになってしまいました。

店主・黒瀬さんとあまり話をすることも出来ず。
皆さんともあまりお話しが出来ませんでした。

参加されている皆さんに
気を使わせてしまったかもしれません。
御迷惑をお掛けしてすいませんでした。

時間は『貴重な財産』だと感じさせられました。

主催者の西小池さん、「みなとや」さん、
参加の皆さん『ありがとうございました。』

追伸
〆の「カレーつけ麺」はよかったと思います。
黒瀬さんありがとうございました。

ラーメン「みなとや」のお客さん

今日はなぜか私の好きなお店「ラーメンみなとや」さんの
お店のお客さんがたくさん来られた。

本当にうれしいのは、たまたまそのお店のお客さん同士が、
うちのお店でばったり初めて出会うことを見ることである。

不思議なほど、あっさりとうちとける姿を見て
「すごいな~!」と思います。

口コミで広まったお店の「底力」を感じます。

本当に人づてで来て頂ける皆さんに、心から感謝を込めて、

『ありがとうございます。』

4/18 ラーメン みなとや

今日は正直、涙が出るほど嬉しいことがあった。
そのことを書こうかと思ったが、

後半 非常に落胆することがあって、
嬉しいことを書く気にならなくなってしまった。

そして結局、いつものラーメン「みなとや」さんに行った。
今日は新作の「つけ麺(醤油味)」を頂くことに。

感想は、個人的に言うと。『美味い!』
「そば食い」の私好みと仰っていただいたが
なるほどの味である。

ただ、ラーメンはここでしか食べていないので、
違う味も知った方がいいかもね。

たまには他人の打ったそばも食べてみたいな。
「でも高いからな・・・。」

まっ、それはいいとして、
「みなとや」さん
開店3周年おめでとうございます。
これからも、心のこもったラーメンを楽しみにしていますよ!

早々

4/7 ラーメン みなとや

みなとや2 みなとや1

今日は久しくご無沙汰の
「ラーメン みなとや」さんに行った。

この店に行く目的は2つある。

(1)ラーメンを食べに行くこと。
(2)店主と話しをすること。

である。

今日はどちらかと言うと(2)が多かった。

このお店の店主「黒瀬」さんはホテルでの料理人を経たのち、
カメラマンの仕事をされていたことがあるのだと言う。

じつはこの記事の写真は「黒瀬」さんに撮って頂いたものだ。
(通りで少し違ったと思ったでしょ・・・。)

写真を撮ることは、その被写体をどうとらえたいか、
その写し手の思いがよく表れると言う・・。

写真は自分の伝えたいことを表現する
ある意味、記事と同じだと言う・・・。

目線を変えるといろいろなことが見えてくるように思います。
なるほど、今日も面白い話を聞いた。
それでは。


あ、そう、そう。
ここはラーメン屋さんであった。
ラーメンのことを書くのを忘れるところだった・・・。

ラーメンの味は、ラーメン通に任せるとして・・・。
新作「塩つけ麺」は遊び心があふれていて、
私は好きなラーメンです。

営業時間が長くなったので一度行ってみてはいかが・・・。
おすすめのお店です。

ラーメンみなとや
住所:兵庫県神戸市兵庫区西出町27
営業時間:昼12時~14時・夜18時~2時
定休日:日曜・祝日
(上記以外でもスープ切れで閉店もあります。)

3/20 ラーメン みなとや

お気に入りのお店「ラーメン みなとや」のお話。

私はこのお店が好きである。
なぜかと言うと、行く度に「ウキウキ」するからだ。
なぜ「ウキウキ」するかと言うと、
このお店の店主に会いに行くからである。

このお店の店主・黒瀬さんは、
絶えず何かを考えているように思う。

それは「飽くなき探究心」であったり
「お客さんに対する心持ち」であったりすると思う。

このお店に行くにつれそうした思いを感じ取る。
と言うか実に楽しそうに商売をしているように思うのである。

だから、私はこのお店の店主に会いに行くのが好きである。


ラーメンみなとやの営業日が、
有り難いことに3月26日(日)を臨時営業日にするらしい。
まだ一度も行ったことがない人は一度行ってみるべし。

所在地:兵庫県神戸市兵庫区西出町27
営業時間:お昼12時から2時頃くらい・夜6時から終了まで
スープ売り切れで早く閉まることもある。

ラーメン みなとや

私の中で非常にひいきにしているラーメン屋さんがあります。
その店の名は「みなとや」といいます。

ラーメンというとB級グルメを想像しますが
この店に関しては、少しおもむきが違います。
今の時代には珍しく、こだわりのないお店です。
決して飾らない、その姿勢に店主黒瀬さんの思いを感じます。

一番安いラーメンのメニューの「醤油ラーメン」には
こう書かれています。

『とくにこだわりのない普通の醤油味』480円

麺は自家製、味は一級品。その視点の先は、
お客さんの満足のみを見ているのでしょうか?
私のお気に入りのお店です。

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?