Entries

「【酢ムリエ】に出会った・・・。」

P2261269.jpg
 「飲む苺の酢」
(オークスハート)

2月25日(日)先日からお伝えの通り
醸造酢メーカーさん「内堀醸造」さんのアンテナショップ
(?)の「オークスハート・大阪店」に行ってきました。

目的は「酢ムリエ」たる方に会いに行くためであります。

ちなみに「酢ムリエ」とは、
「酢」のことをより理解して頂きたいとの思いで
「ワインアドバイザー」の「ソムリエ」に対抗(?)
して「酢アドバイザー」の「酢ムリエ」というものを
内堀醸造の「内堀光康」さんが立ち上げた肩書きである。

その「酢ムリエ」がおられるのは百貨店の「高島屋」さんの
限られた数店舗にのみ展開をされている「オークスハート」と
いうお店のみである。

実は私はその「酢ムリエ」というものに対して、
なんともいぶかしげな、また信用のおけない
存在としてとらえていました。

『【酢】は【酢】でしょ?』

そんな思いがわずかながら存在していました。

しかしながら、そんな思いは取り越し苦労
だったと瞬時に思い知らされることとは、
全くもって考えられませんでした。

ビネガー(酢)ショップ「オークスハート」が
あるのは、大阪・難波の「高島屋」地下1階。

高級食材がひしめき合っているフロア。
そんな中に、一際(ひときわ)こじんまりと
しながら、異彩を放つショップがあった。

それが「ビネガーショップ・オークスハート」であった。

「オーク樽」が並ぶその艶(あで)やかなショップには、
ところ狭しと様々な食材で造られた「酢」が並べられている。

そして目の前には私と同い年くらいの、
まさに「酢ムリエ」といった「ホテルマン」の
ような「出で立ち」の方が応対をしてくれる。

その姿がまた素晴しいのだ。

礼儀正しく、挨拶が丁寧、そして何より
お客さんを引き付ける「雰囲気」があるのだ。

早速、挨拶を交わすと共に、今日私が来た経緯をお伝えすると
非常に慣れた振舞いで感謝の意をお伝えして下さる。

挨拶もそこそこに、さっそく「酢」の試飲を勧めて下さる。

そのタイミングがまた絶妙で
全く無駄な動作が感じられないのである。

最初に試飲で頂いたのは「アプリコットの酢」と
「ミネラルウォーター」の1:4のブレンドだった。

「・・・・・・。」

「これが酢か?」

まぎれもなく「酢」なのだ。
しかし頭の中でイメージしていた「酢」とは
てんで違うものが体内に入っていくのだ。

「これは何なんだ!」

美味い・・・。

そこから先は質問の連続であった。
そんな問いかけに一切の焦りを見せず
「酢ムリエ」の「岡崎」さんは悠々と答えてくれるのだ。

まだ同い年くらいだというのに・・・。

そんな中、この「オークスハート」の店内は、
閉店間際だというのにもかかわらず
人で人でごった返していた。

その店舗だけが「高島屋」の
フロアを席巻しているようだった。

少し時間を頂いて、「酢ムリエ」の
「岡崎」さんとお話しをさせて頂いた。

「酢ムリエ」の「岡崎」さんいわく、

『最初お店を出店した頃は、調味料としての「酢」
として料理のバリエーション・使い方を提案していました。』

『しかしながら、いくら訴えかけてもお客さんは、
あなたはプロだからそういった料理が出来るのでしょ?
そう言われることがほとんどでありました。』

『そう言われるのであれば、本当に酢が「薬」でもなければ
単なる「調味料」の一端ではなく良いものだと知って頂く
ことが出来ないかと考えました。』

『だったら私たちは「酢」が美味しいんだということを
知って頂くために「酢」の試飲をおこなっているのです。』

『私どもは「酢」が健康に善いといってお勧めしません。
健康のために飲む「お酢」が、本当にお客さんに喜んで
買って頂いたことにつながらないと思うからです。』

『私どもは「酢」が本当に美味しい
と言って買って頂きたいのです。』


そう話す「酢ムリエ・岡崎」さんの
顔は実に晴れ晴れとしていました。

同年代にこんな人間がいることを恐ろしく思いました。

そして嬉しく思いました。

そしてまた、私も「日本酒」のことを
この人に話したくて仕方がない思いになりました。

何だか「ワクワク」して仕方がありませんでした。
たがいに もの凄い刺激を感じました。

「心が踊る」とはこういうことを言うのかもしれないな・・。
なんて思いながらまた丁寧な挨拶をしてお店を出ました。

人は人と会い、また刺激を受けつながっていく。
こんな素晴しい出会いを頂いたことに感謝をいたします。

とりあえず、「飲む苺酢」を買ってきましたので
早速1:4で牛乳割りをしてみたいと思います。

近日、「原酒店」にも同じようなことが
出来るように頑張ってみようかと思っています。
(あまり期待しないで下さいね・・・。)

とにかく、
「素晴しい出会いに感謝!!」

俺も頑張るよ!!

『オラレ!!!』
(さあ行こう)

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?