Entries

7月24日(火)記念切手 平成19年 ふみの日「百人一首」

P7241794.jpg
記念切手「ふみの日 百人一首」

さあ 皆さん梅雨も明け夏本番!!!
爽快な青空を見ると心まで晴れやかになりますね。

さて皆さん昨日7月23日が「ふみの日」
だということは ご存じでしたでしょうか?

【ふみの日】
日本公社では「手紙の良さ、楽しさ」を多くの皆さまに知って
頂く事を目的として毎月23日を「ふみの日」としています。

昭和54年から「文月(ふみづき)」である7月に
「『ふみの日』にちなむ切手」を発行しています。


お分かりでしょうか?

「23日」=「ふみ の日」
「7月」=「文月」=「ふみ づき」

ということです。


そんな話は さておき
今「話題騒然!」「人気沸騰!」
なのが この「記念切手」でございます。

「あ~・・・、ハイハイ・・・。」

と なかば呆(あき)れた声で
対応される方が多くあるかもしれません。

しかし これが何ごとも継続してやってみるもので
記念切手」は立派に皆さんに認知して頂きました。

正直ね。ただただ「記念切手」を
仕入れても仕方がないわけですよ。

売れない「商品」を仕入れても
ただの「不良商品」ですからね。
(不良債権ともいうか・・・。)

でも売れるようにというか、買って頂くには
私の思いが純粋でなくてはならないのですね。

本当にお客さんに喜んで買って頂きたいと
その思いがなければ「商い」は成立しません。

最初 この「記念切手」を売る時には非難されましてね。
お客さま だけでなく 元売りの「郵便局」さん までも また
出入りの業者さんというか あらゆる人に非難されましてね。

「マニアックな酒屋」「マニアックな店主」なんて
非難されましてね。非難ゴウゴウでしたよ・・・。

悔しくてね・・・。

私は人が『良い!』という商品よりも
自分が心から納得した商品しか仕入れない性分でね。

でも「これぞ!!」といった商品というか
この「造り手」の皆さんのことを本当に知って
頂きたいと思うと いつも皆さんに話していましてね。

そんな「商い」を今後も続けてみたいと思って
今に至ると思っている次第でございます。


先日 「記念切手」の発売日に いかにも「切手収集家」
と思しき人物から 私の「記念切手」購入のさまを見て


「若けぇの そんなに買って どうすんだ。」(収集家)


と言われんばかりの熱い視線を頂きました。
そんな時は眼光鋭く 言い返すような眼差しで、


「記念切手をどうしようと勝手じゃねえか。」(私)


と眼光鋭く訴え返します。
そこには寸分の沈黙というか
普段 有り得ない緊張感がみなぎります。


そこで「収集家」は思います。

「記念切手をコイツに托した・・・。」

と・・・。

本当にバカみたいな話ですが 実際に
「記念切手ファン」がうちのお店に来る
ことはそんなに珍しくないようになりました。

たまに「玄人(くろうと)」ちっくな方も来られて
何時間もお酒を酌み交わし「記念切手」への思いを
語って下さる方もおられます。

でもね
影響を受けたのは私達だけじゃなくてね、
「郵便局」さんも受け入れて下さったのです。

『「原酒店」は「記念切手」を売る店だ。』

という概念を1年以上かけて浸透させ 地方で売れ残った
その「記念切手」を仕入れてくれるまでになりました。

これには「切手収集家」も 私のことに
対して一目をおいて下さるようになります。

「(やるな・・・。)」(切手収集家)

と・・・。

その眼差しに本当の確信を得ます。

その時 私は思いました。
「俺はマニアックではない。」
やっと ここまで認められたと・・・。

時代が求めて下さったのと・・・。
えも言えぬ喜びが込み上げてくるように思います。


大学生の時「日本酒の酒蔵」にお世話に
なり日本酒が好きになった20歳の頃。

「こんな美味しい日本酒が認められないなんて。」

そんな悔しい思いを持ち
その後、いろいろな人に会った。

自分の思いを同じくする人に会いたいと思った。
全国を廻れば本当に尊敬する人々に巡り会えた。

そして今がある。

その今までお会いした方の思いを尊重し
その素晴らしい出会いの中で私は生きていきたいと思う。

こんなに恵まれた環境はないと思います。
それだけに感謝の思いは尽きない今日この頃です。


何か話が大変長くなってしまいましたけれども・・・。


何事も固定概念で見ることをしない方がいいという思いと
何事も思いのままに信じて取り組むことがいかに素晴らしい
ことかを 身に染みて感じさせて頂いたかと思いました。


もう ちょっとお願い・・・。
今 売り出し中の「記念切手」はこちら。
P7241795.jpg P7241796.jpg
「東京の名所と花」____「東北の景勝地」
P7241798.jpg











「おわら風の盆・舞」
(写真をクリックすると見やすくなります。)

『言ってることが本当だったでしょ!!!』


「さぁ! 夏本番です!!」
「思いっきり好きなことをやりましょう!!!」

「一度しかない人生!!」
『すかしても意味がないぜ!!!』

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?