Entries

4月30日(水)「私は生きる!」「尼崎 JR福知山線 脱線事故を のり越えて」

P4300122.jpg
「事故を考えるフォーラムに登壇し
母 桃子さんを見つめる鈴木順子さん」
(毎日新聞より)

以前 何度か このブログで ご紹介をさせて頂きました
「尼崎 JR福知山線 脱線事故」で重体となり奇跡の回復
を遂げた鈴木順子さんが事故を考えるフォーラムに登壇を
されたという記事を見つけ ご紹介をさせて頂いた次第です。

2005年4月、兵庫県尼崎市で起きた列車脱線事故。
死者107人、被害者のひとり鈴木順子さん{当時30歳}
は事故直後から「108人目の被害者になるのでは」と言われ
続けてきた。 脳挫傷、全身打撲、発見時、口の中にはガラス片
が詰まっていて、性別すら不明だった。 担当医師は「助から
ないだろう」と家族に伝えた。 しかし、5ヵ月後、奇跡が
起きた。 事故から今日までの2年間の、順子さんの「生きる
ための戦い」を追った番組が ある日 放送されていました。

後に その番組が「日本放送大賞」
グランプリを受賞し私の中でも記憶に新しい。

正直いたたまれないほどの被害に遭いながらも ほんの
一縷の希望を持って現実と立ち向かう鈴木順子さんの
姿に感動の涙を禁じ得なかったことを覚えています。

その彼女が皆さんの前に出て
立派に話を壇上でしているのだ。

その記事を見ただけで本当に嬉しくなりました。

どんな苦しい現実からも目を反らさず立ち
向かっていく姿に私は勇気を もらいます。

彼女は語ります。

「生きているということは何かしなければ
いけないということ。(私は)生かされています。」

生きるということは無限の可能性があることを
教えてくれます。彼女の歳は私とほぼ同年代です。

どんな困難に遭っても立ち向かって
いきたいと思った今日この頃でした。

奇しくも尼崎列車脱線事故があった前日、根室缶詰の
「山本社長」さんとJR尼崎駅で待ち合わせ先輩の
「山本酒店」さんに行った時のことを思い出します。

事故のことも決して ひと事では
なかったことを今でも思い出します。

生きている限り無限の可能性はある。
何だか色んなことを考えた一日でした。

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?