Entries

8月29日(月)【焼き肉の日】「ポッサムチプ」さんに寄せて頂きました。

CIMG9960.jpg
「【焼き肉の日】主催者「てつや」さん」


「とてつもない1日を ご一緒させて頂きました。」


うちの店の懇意な お客さんの「てつや」さん主催の
焼き肉の日】イベントに参加をさせて頂きました。


過去2回 参加をさせて頂いているのですが
今回の【焼き肉の日】は想像を はるかに
越えた内容でして思わず浮かれてしまい、


つまり・・・粗相をしてしまいまして
呑み過ぎてしまいまして・・・皆さん
に ご迷惑を お掛けしてしまいました。


本当に申し訳ございませんでした。


償い切れない思いでイッパイですが、それほどまでに
心を狂わせるほど凄い内容の【焼き肉の日】イベントの
状況を知って頂きたいと思い記させて頂きたいと思います。


CIMG9951.jpg
「ポッサプチムさん」


お店の名は「ポッサムチプ」さん うちの近所の お店です。


その卓越した調理へのイマジネーションは我が町「神戸」
を越えて広く【全国】へ その名声を轟かせておられます。


店に入りますと こんなPOPが目に入ってきます。


CIMG9952.jpg
「ホルモンの部位の説明ボード」


CIMG9953.jpg
「肉の部位の説明ボード」


もう期待をせずに居られない
ことなんて考えられません。


この度の「和牛」は この
ように記されていました。


CIMG9961.jpg
「この度の和牛肉【野崎牛】の部位の説明」


この度 食べさせて頂きました「野崎牛」は 後に
調べさせて頂いたのですが鹿児島県産 黒毛和牛の
肥育に特化した「農業生産法人のざき」さんが生産
する日本初の個人名を冠したブランド牛だそうです。


有限会社 農業生産法人 のざき
http://nozaki-farm.jp/products/



正直、「野崎」さんに敬意を
称して食べたい牛肉でした。


とにかく凄かったのです。


まず呼吸を整えるようにビールで乾杯です。


CIMG9963.jpg
「キリン秋味」


季節モノのビールで乾杯です♪


焼き肉の日バンザイ♪♪」


呼吸を整えて頂きました。


まずは前菜です。


CIMG9964.jpg
「野崎牛のウチヒラの和風ユッケ」


「ウチヒラ」とは牛の うち もも肉
つまり足の肉のことを言うそうです。


肉の繊維質の細やかさ にも増して細かい
包丁の入れ具合、和風出汁と山芋に刻み
ネギ、そして柴漬けのアクセント。


「エクセレント!!」


これ以上にナイ前菜です。


続きます。


CIMG9965.jpg
「ハート ツラミ サガリのマリネサラダ」


ハートは「心臓」ツラミは「顔の肉」サガリ
は「横隔膜」のアバラ骨の方の肉とのこと。


CIMG9966.jpg
「ハート ツラミ サガリのマリネサラダ」


肉厚な「ハート」薄切りで繊細な味わい
「ツラミ」細やかな味わい「サガリ」に


「アボガド」のアブラ味「トマト」の酸味が合い
「タマネギ」の酸味・甘味「レモン」の酸っぱ味


非常に高い位置でバランスの
取れた素晴らしいサラダでです。


言葉を失いそうになります。


続きます。


CIMG9969.jpg
「生レバーの味噌ダレかけ」


「生レバー」のコクに味噌味のコッテリさが合わさり
これも非常に高い位置でのバランスを保っています。


「凄いとしか言いようがありません。」


閑話休題。


CIMG9974.jpg
「虎マッコリ」


日本産「マッコリ」です。東北は福島県の
「有賀醸造」さんが醸す この「マッコリ」は
炭酸醗酵が まだ残る8%の「にごり酒」です。


ドライでシュワ!っとアブラ系の食べ物を
スッキリと洗い流す感じでもあり独特の酸で
口内で中和する感じもある面白い お酒です。


そこに合う食べ物が届きました。


CIMG9975.jpg
「センマイ ミノ湯引き和チュジャンがけ」


「センマイ」(3番目の胃)「ミノ」(1番目の胃)


和風コチュジャンを称して
「和チュジャン」と合わせる 。


この味わいは和風味の味噌ベースのピリッ!と唐辛子の
アクセントが効いた食べ応えのある【和洋折衷サラダ】
日本人が造った和製「虎マッコリ」との相性はベスト!


つくづく素晴らしいと感銘を受ける。


そして前半戦の「ハイライト!」


CIMG9978.jpg
「野崎牛のミスジの炙り寿司」


ミスジ(肩甲骨)の下あたりの部位だそう
水なす・玉ネギ?・キャビアの取り合わせ


CIMG9980.jpg
「野崎牛のミスジの炙り寿司」


『イッツ グレイト!!!』


それ以外 言葉が浮かびません。


素晴らしすぎて言葉を失うのですね。


続きます。


CIMG9981.jpg
「塩タン すだち果肉乗せ」


ここで「焼きモノ」です(笑)


CIMG9982.jpg
「塩タン すだち果肉乗せ」


塩タンを すだちの果汁を乗せて
そのまま網で「片面焼き」です。


ジューシィー!フレッシュ!!


熱で活性されて よりビビットな味に!!!


続きます。


CIMG9983.jpg
「野崎牛の友スネ スライス」


「友スネ」は後ろ足のスネ肉のことだそうです。


「薄口醤油」に「スダチの皮のすりおろし」
を かけて スッキリ さっぱりと食べます。


味わいの しっかりとした肉質には繊細な
味付けで薄切り バランスを保っています。


素晴らしい味わいです。


閑話休題。


CIMG9986_20110829234934.jpg
「枝豆キムチ」


心憎いばかりに味を変えてくる
時には、必ず野菜を挟みます。


ありそで無かったオーソドックスな「枝豆キムチ」
これが美味しくって何だか困っちゃいます(笑)


野菜を挟んだ後には何かが起こります。


CIMG9987_20110829234933.jpg
「野崎牛のイチボ 山椒一味がけ」


「イチボ」は お尻の下の部分の肉
のことで柔らかさが特徴とのこと。


CIMG9988_20110829234932.jpg
「野崎牛のイチボ 山椒一味がけ」


何も説明が無い方がイイのではないでしょうか?


CIMG9989_20110829234931.jpg
「野崎牛のイチボ 山椒一味がけ」


スペシャルな味です(笑)


ビックリの美味さです!!!


続きます。


CIMG9992_20110829235033.jpg
「テッチャン」


テッチャンです。


ナメてかかってはイケません。


CIMG9991_20110829235034.jpg
「テッチャン&ポン酢ジュレ」


ビューティフルな「テッチャン」に
「ポン酢ジュレ」が掛かると・・・


素晴らしい味わいです・・・


言葉になりません。


この後の「野崎牛のブリスケ」の
画像が どっかに行っています・・。


「再仕込み醤油」と「わさび」で食べる
もう これは食べねば解らぬ美味しさです。


画像出てこい!!!


そして また野菜を挟みます(笑)


CIMG9993.jpg
「オクラキムチ」


「辛子明太子」をマブした
「オクラキムチ」なんです。


ハイ!これは絶品です!!!


お酒も河岸を変えて


CIMG9955.jpg
「野崎牛 野崎喜久雄 監修 芋焼酎【のざき】」


「さつま五代」「さつま おごじょ」で有名な
「山元酒造」さんが造られた「野崎牛 野崎
喜久雄」さんが監修された芋焼酎とのこと。


雑味が ほとんど無く癖のナイ ほのかな甘み
が乗った呑みやすく味わい深い佳酒でした。


CIMG9994.jpg
「野崎牛 野崎喜久雄 監修 芋焼酎【のざき】」


包み込むような味わい
素晴らしい競演ですね。


続きますよ~!!


CIMG9995_20110829235031.jpg
「野崎牛のマルシン 大葉 生姜 梅のせ」


「マルシン」は うちモモの下の部分とのこと。


CIMG9998.jpg
「野崎牛のマルシン 大葉生姜梅のせ」


脂っ気が少ないので軽く片面だけを炙って大葉と
梅と生姜で あっさりと肉本来の美味しさを味わう。


同席させて頂いた「ゆうちゃん之助」さんの
焼き加減が えも言えず『バツグン』です!!!


「本当に ありがとうございます!!!」


ここで また野菜の登場です(笑)


CIMG9997.jpg
「アスパラキムチ」


当たり前に見事なまでに美味しい(笑)


野菜の後には さらなる衝撃が待っています(笑)


CIMG9999.jpg
「野崎牛の かいのみ 薄切り とろけるカルビ」


「かいのみ」は内あばら肉のことだそうです。
「カルビ」は あばら肉のこと?もう解りません(笑)


CIMG0001_20110830023203.jpg
「野崎牛の かいのみ」


「かいのみ」は「溜まり醤油」で肉味わう。
あばら肉の美味さを噛みしめるように美味しい!!


CIMG0003_20110829235611.jpg
「薄切り とろけるカルビ」


「薄切りの とろけるカルビ」は その部位と食感を合わせ
て切り分けるというのは見事しか言いようがありません。


見事な美味しさです。


この後「ハラミ」を出して下さって
いたのですが画像が ありません・・・


肉厚な「ハラミ」を「黄ニラ」で巻いてジューシィ
で食べ応えがあり ここでタレに変わってクライ
マックスへスタートっと言ったところですね!!


その後の「野崎牛の厚切り とろける
カルビ」の写真も撮っていません!!


ちょっと お酒が回って来たところでしょうか・・?


メインに突入です!!!


CIMG0007_20110829235611.jpg
「野崎牛の くら下 火肉山」


「クラ下」とは どうやら「肩ロース肉」のことのようです。


以前「河内鴨」の「ツムラ本店」の「津村社長」さんに
聞いたことがあるのですが「ロース」とは【ロースト】
つまり「焼く」ということを言葉の語源とし その意味は
【焼いて一番 美味しい肉の部位】のことを言うそうです。


ということで


CIMG0009.jpg
「くら下 火肉山 & エゴマの葉」


「くら下 火肉山」を「エゴマの葉」で巻いて食べます。


ちなみに「くら下 火肉山」は
こんなにも大きな肉です!!!


CIMG0010_20110829235610.jpg
「くら下 火肉山(モデル・ゆうちゃん之助さん)」


素晴らし過ぎます・・・


CIMG0011_20110829235610.jpg
「くら下 火肉山 & ししとう(?)」


焼くのも豪快です!!


CIMG0014_20110829235609.jpg
「くら下 火肉山 & ししとう(?)」


手早く「調理ばさみ」で切って下さいます(感謝!)


もう至れり尽くせりです。


味の方は言う間でも ありませんが・・・・


「美味しすぎです!!!」


まだ続きます!


CIMG0015_20110829235609.jpg
「コテツ アカセン ハチノス タケノコ ミノ チレ(辛口ホルモン)」


・コテツ(小腸)
・アカセン(第4の胃)
・ハチノス(第2の胃)
・タケノコ(大動脈)
・ミノ(第1の胃)
・チレ(脾臓)


最後に【ホルモン】を出すとは凄いですね!!


すべてに おいて自信を持って
オススメされているのでしょう!!


脂のバランス味の繊細さが絶妙です。


そして〆です。


CIMG0016.jpg
「野崎牛の肉味噌冷やし茶漬け すだちスライス柚子胡椒がけ」


薄くスライスした すだちのスライスが
清涼感を より引き立たせてくれます。


【日本蕎麦】の「冷やかけ」みたいで
そのビジュアルセンスもバツグンです。


この後に「かき氷」も出して下さった
そうですが、ワタクシの記憶が どこかに
飛んでしまっていまして思い出せません。


本当に申し訳ございません。


正直、このイベントは


「とてつもなさ過ぎです!」


年に1度「てつや」さんの【ライフワーク】に
「焼き肉店」さんらが しのぎを削って、その
『挑戦を迎え撃つ!』っていう感じがしました。


これは ひとえにも「てつや」さんの
【熱意】無くしては 生まれなかった
【業】では なかったかと思います。


こういったイベントに参加をさせて頂く度に
自分を律して精進して生きていこうと思います。


お世話になった 皆さん 本当に
本当に ありがとうございます。


返す返すも調子に乗って酔っぱらって
しまったことを悔やんでなりません。


この借りは何としてでも返していきたいと思います
ので今後とも何と ぞよろしく お願い申し上げます。


本当に お世話になり ありがとうございます。


超!超!超!長文を ご覧
頂き ありがとうございます。


心より感謝をいたします。


原酒店 原栄治


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T40] ポッサムチプ 焼肉の日イブ@兵庫

焼肉の日イブに兵庫の名店”ポッサムチプ ”に
トラックバックURL
http://harasaketen.blog56.fc2.com/tb.php/2080-2de7b75e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?