Entries

7月5日(木)今週の「週刊プロレス」の表紙より「ドラゴンゲートが表紙を取ったぞ!!!」

P7051687.jpg
「CIMA・獣神サンダーライガー」選手
(週刊プロレス表紙より)

先日見に行きました 地元 神戸のプロレス団体
ドラゴンゲート」の この度のイベントが 何と
今週の週刊プロレスの表紙を飾ることができました。

「表紙を飾る。」

と言っても そんじょそこいらの ことではありません。

この一週間の間に世界中で一番の
プロレスの話題が表紙を飾ります。

これは本当に凄いことであります。

奇しくも この同じ週にアントニオ猪木率いる
IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)が
東京・両国国技館で旗揚げ戦を行っている。
それも超満員の観衆を動員してである・・・。

普通ならば「表紙は猪木」ということになるだろう。
(現に週刊プロレス編集長のコラムに掲載されている。)

先日も述べさせて頂いたことで ありますが、
「神戸」という地域を母体として プロレスを
ここまで発展させたプロレス団体は 我等が「神戸」の
ドラゴンゲート」を除いてないであろうと思います。

「神戸」という 小さな地方都市で ましては、
『熱しやすく冷めやすい』という地域性を持つ、
『プロレスが盛り上がらない』といわれた「神戸」で
ここまで来たことは 本当に素晴らしいと思います。

ましては この「神戸ワールド記念ホール」の
観客動員数が9000人を数えたという。

この数字は過去10年間に同会場で行われた
すべてのスポーツイベントの中で最多の数字だという。
(週刊プロレスより)

この度の興行に ご協力を頂いた老舗プロレス団体
「新日本プロレス」の関係者の方はこうも語っている。

「(ドラゴンゲートの)練習生から上の選手まで
一丸となってチケットを売っているらしいですね。
今の業界にとって そういうことはすごい大切なこと
だと思うのですよ。ここ(神戸)を満員にすることは、
神戸を何十年もやっているので すごく大切な作業って
わかっていますし。」(週刊プロレスより)


続いて新日本プロレス IWGP チャンピオンで
"ハリウッド"ストーカー市川選手と戦った
永田裕志選手はこう語る。

「地域密着、地元密着。足場がしっかり固まっている。
ファンの熱が高いのは ここに根付いている証。
足場を固める重要性を感じましたよ。」
(週刊プロレスより)

決して勘違いを してはいけないことは「プロレス」は
時代の流れにさらされて人気は下降線の一途をたどる業界。

近年「格闘技ブーム」の影に追いやられ
老舗プロレス団体さえ存続の危機にさらされ
ていることもあるとかないとか・・・。

とにかく「ドラゴンゲート」は地元 神戸の誇りという
だけではなく プロレス界の明日を担っている団体である。

その思いに共感することがある。

「私事」で申し訳ないのですが、以前
ある地域の蔵元さんとお話をする機会がありました。

私はその「出会い」の中で また その「お話」の中で
地元の蔵元を地元の人と一緒に育て上げ残していく。
そんな話をいつものように熱っぽく語っていました。

その蔵元さんが
「夢のようなお話ですね。」
と言われました。

すぐに私は こう答えました。
「夢ではありません。近い将来の目標です。」

その時 私はまだ26歳だったかな・・・。

ちょうど今「しゃちほこマシーン」選手
と同じ歳の頃だったと思います。

その夢を先に彼等は している。
本当に彼等の活躍は地元「神戸」の誇りなのです。

この話の最初、「プロレス」と聞いて笑った方はいませんか?
それはそれでいいです。プロレスは一種の娯楽ですから・・。

でも その娯楽に熱い「情熱」や高い「志」を
掛けて頑張っている人を見て私は思うのです。

『一度だけの人生。精一杯 生きたいと・・・。』

この度 単に自己満足のために「プロレス記事」を
書き連ねたのではないことをご理解頂ければ幸いに存じます。

「またプロレスの話か・・・。」

と思われた方もおられると思います。

しかし こんな世の中に 体を張って
「植物人間」になりかけてでも生きる姿はなんなのだ!!と。

そこには人の生き様を投影した魅力が溢れていると思います。

私は彼等に負けないような自分自身の生き様で
皆さんと喜びを分かち合いたいと思います。


最近 文章が長いと言われます・・・。


こんな つたない私でゴメンナサイ。
とにかく私もがんばります!!!

皆さん「原酒店」に遊びに来て下さいね!!!


(今日も眠れませんね・・・。)


追伸
先日の試合の内容も載っていましたのでどうぞ
P7051688.jpg
「岡村社長・神田裕之選手」

『本当に皆さんおめでとうございます!!』
『また美味しいお酒を飲みましょうね!!』

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harasaketen.blog56.fc2.com/tb.php/508-5a39618e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?