Entries

町の駄菓子屋 待望論

昨日の「こどもの日」は本当に多くの
「子どもさん」たちと大いに話しをした。

なかでも印象深かったのは、
4歳ぐらいの女の子で、うちの店で買ったジュースを
返品したいと「半ベソ」をかいて来てくれた。

「いいんだよ、全然気にしないで!」
と言って、思わず「笑み」がこぼれてしまった。
微笑ましい話である。

近頃こうした会話が出来る店が減ったと思う。
今、町には『駄菓子屋』が消えつつある。

駄菓子を買うのであれば、
「コンビニ」だったり、
「スーパー」に行けば買うことが出来る。

私にとっての「駄菓子屋」は、
「町の社交場」であり「社会勉強の場」であったと思う。

そのことを感じたのは、
私の先輩で、大阪の茨木市で酒屋を営んでいます、
「かどや酒店」さんに以前に遊びに行った時の印象が深い。

店主の「角本稔」さんは実に子どもさんと「よく」
遊ぶ、しゃべる、そして子どもさんがよく集まる。

形だけがレトロの「駄菓子屋」さん「なんてもの」が
流行っているらしいが、「かどや酒店」さんこそが
本当の意味での町の駄菓子屋さん、
「町の社交場」ではないかと思った。

私の店も少しでも「その域」に近づきたいものである。
「みんなよろしくね。」

かくいう私にも駄菓子屋の思い出がある。
小学生の時自転車を「手放しで」乗ることが
なぜかみんなの間で「かっこいい」という時代があった。
その当時、運動音痴だった私は手放しで自転車を運転して、
勢(いきお)い余って、駄菓子屋に突っ込んだことがある。
もちろん駄菓子屋は『大破(たいは)』し、
こっぴどく叱られた思い出がある。

「今は叱ってくれる人も少なくなったな~。」
本当にさびしい限りである・・・。

とにかく町には駄菓子屋さんが必要である。
その一躍を私も担うことが出来たら・・・。
「みんなよろしくね。」

追伸 明日5月7日(日)新開地音楽祭です。
雨天決行です。「よろしくね。」

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harasaketen.blog56.fc2.com/tb.php/69-68b71632
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Profile

原栄治

写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

Extra

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日本酒とそばをこよなく好み、 趣味でそばを打つことが好きな お酒のお店の店主です。

原栄治

Author:原栄治
写真は敬愛する地元 神戸の
プロレス団体「ドラゴンゲート」
のプロレスラーの方々と私です。


原酒店

住所:兵庫県神戸市兵庫区
   塚本通7丁目4番12号
TEL:(078)577-0495
取扱銘柄:大黒正宗・東長・池月
定休日:日曜日
営業時間:8:00~21:00
立ち呑み:17:00~21:00

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ開始から何日経った?